忍者ブログ
マジョリカとヨーキーズのブログ
カテゴリー
◆ 未選択(80) ◆ ヨーキーズ(447) ◆ しつけ(24) ◆ 食事(10) ◆ 仔犬(120) ◆ ご案内(26) ◆ ヨークシャーテリア(47) ◆ 独り言(374) ◆ その他(36)
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/25 seilan]
[08/25 seilan]
[08/25 seilan]
[03/06 seilan]
[02/21 seilan]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
マジョリカ
性別:
非公開
職業:
ヨーキーズの世話係?
趣味:
ヨーキーと戯れる
自己紹介:
ヨークシャーテリアが大好きなマジョリカのブログ
不定期ですが仔犬の出産情報もあります。
【動物取扱業】
CHERRY STONE犬舎 
第61-0049号
有効期限
平成34年3月19日
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
2018/05/24 (Thu)
昨日 ホームにいる主人の母に会いに行ってきました。
年老いてから骨折してしまって
歩くのが不自由になってしまって
車椅子生活をしています。

その母に 初めてのひ孫を見せに行ってきました。

ひ孫を見る母は 満面の笑みで
とても嬉しそうでした。

またひ孫に会いたいという気持ちで
もっと元気に成って欲しいのですが
なかなか難しい事情もあります。

母がもう少し若くて元気だった頃
歯に衣着せぬ物言いで
よく私を悩ませたものでした。

その母が 今は穏やかになって
ひ孫の前で笑っています。

この笑顔がずっと続きますように
願わずにはいられませんでした。

昔はいろいろありましたが
今はもう そんな元気もありません。
数年前に先だった 父の代わりに
もっと長生きして欲しいです。


話は変わって
今年13歳になる子の事なのですが
この子は 今まで肥満とは無関係でした。

それがここにきて 
いつものご飯の量だったにも拘らず
いつの間にか 体重オーバーしておりました。

何故にここにきて太る?
こんな年老いてから???

大慌てでダイエットを始めましたよ。
150gのダイエットです。

短期では負担が大きいので
長期計画です。

今年の夏も猛暑になるとか・・・。
それまでにベスト体重に戻っていますように

ごめんね 気が付かなくて
PR
2018/05/09 (Wed)
ゴールデンウイークも終わり 
穏やかな毎日が戻ってくると思っていたら
連日寒い寒い

少し前まで真夏のような暑さだったと言うのに
この寒さは どうしたもんでしょうか?

仕舞い忘れていたヒーターが大活躍のわが家です。

真夏の様な暑さと 寒さが交互にやって来て
身体がもちません。
もう若くはないので かなり辛かったりします。

でもどうにか風邪をひかずに頑張っています。


さてさて先日動物病院へ行ってきました。
この季節はフィラリアの予防の季節で
検査やらなんやらで 滅茶苦茶混んでいました。

まあ覚悟して行ったのですが
かなり待ちましたよ。

その間 暇つぶしに人間と犬の観察
と言っても じっと見つめるのは失礼なので
視線は別の方向で

気になったのは いつの間にか
マナーの悪い飼い主さんが増えていた事でしょうか。

携帯はマナーモードにせず
ピロピロと鳴るし 結構音量が高く
他の人が見ても 知らんぷり

犬をキャリーに入れず
リードも付けず抱っこをしているのですが
携帯に夢中で 犬は両隣に迷惑をかけているし
お構いなしでしたよ。

迷惑な飼い主さんばかりではなく
それ以上に気になったのが
見た目の骨格から 2キロ台であろうチワワさん
なんと 5キロオーバーで
AHTさんから
「体重増えすぎですね!少しご飯を減らしましょうね。」って
言われておりました。

可哀想な事に その脂肪が気管を圧迫しているのか
かなり咳込んでました。

辛いであろうに 飼い主さん解ってあげてない。
ある意味 これもまた虐待になるのでは?

わが家は不定期に娘と私が 
抱っこをして 違和感が有ると
全員 体重測定

100g増えていると
鬼のような声で 娘が
「今日からご飯減らして!!」

「え~100g位大丈夫じゃない?」って私が言うと
娘は即答で
「甘い!!!100gが命とりなの!!」

肥満は命を縮めると思っているのか
娘は かなり厳しいです。

これまで 何頭も見送ってきて
それがかなり辛かったのでしょうね。
私の前では 涙を見せなくなりましたが
それを我慢するのもまた 辛い事です。

ヨーキーズが長生きしてくれるように
まずは 出来ることから致しましょう。
2018/04/23 (Mon)
あっという間に4月も後半
もうすぐゴールデンウイークですね。

私もいつまでもうじうじしている訳にはいきませんね。
こんな状態では 亡くなった子が心配して
虹の橋へ行けずにいるかもしれません。

情けないですね わたし
何頭も見送っていても
やっぱり その子はこの世で無二の存在

どこにもその子の代わりはないと
思っているので
余計に辛くなってしまう。

そんな私をどう思っているのか
ヨーキーズが私の傍を離れません。

そうだったね。
私には あなたたちがいてくれる。
私の心をそっと癒してくれる
そんなあなたたちが

体温が 息遣いが そのつぶらな瞳が
私の傍に

もう大丈夫だよ。
いつまでも泣いたりしないから

そんな中 娘がお坊ちゃまを連れて
亡くなった子に線香をあげに来てくれましたよ。

ヨーキーズもお坊ちゃまに慣れているので
あやし方も上手なものです。

中でも面白かったのが 今年の9月で13歳になるにも拘らず
自分の事を年寄りだとは 思っていない子

お坊ちゃま うつ伏せになってハイハイのような状態
それを見て 「遊んで!」のサインだと思ったらしく
これまた伏せの状態からお尻をあげて
前脚でトントンと床を叩く。

それを見たお坊ちゃま
キョトンとしてましたけどね。

遊ぶサインじゃないと思ったとたん
いつまでも若いと思っているおばあちゃんは
お坊ちゃまの傍で お腹を出し
「私のおっぱい飲みなさい!」の状態に。。。

そんな萎れたおっぱい
もう誰も飲めませんから 無理無理
って言うと 怒る怒る。

まだ現役だとでも思っているのでしょうかね。
孫 ひ孫までいる れっきとしたおばあちゃんなんですけどね。
おかしな子です。

そのおかしな遺伝子
ちゃんと繋がってますよ。
その子の孫にね。
まあ違った形ですが
母性の塊と言うのは同じです。

長くなりましたので
孫の話は またいつか




2018/04/02 (Mon)
またまた更新が滞っておりました。
その間 桜が咲き 散り始めておりますね。
今年は 桜の開花が早くて
なんだか 季節感がおかしくなりそうです。
気温も高くて 明らかにおかしいですよね。

そんな中 私は何も手につかず
一日 ダラダラと過ごしております。

そんな私を見てヨーキーズは
黙って私の横に寄り添ってくれています。
こんな時は 本当にわかるんですね。

午前中に終わらせる家事も
一日かかってやっていたり
少しやっては 休んで
その繰り返しです。

いつだったか
私の尊敬するお師匠様が
そんな時は 無理にでも動いていた方が
早くそこから脱出できるものだと
おっしゃっておりました。

わかってはいても
どっぷりと暗闇の中に浸かっております。

お別れが続いて
私の心が悲鳴をあげているようです。

辛いです。
2018/03/19 (Mon)
今朝の朝刊に 珍しい広告が入っていました。
県の動物指導センターの物でした。

殺処分される動物を1頭でも減らそうと言う趣旨の物で
保護された動物を新しい家族にどうですか?と言う。

表の面には 成犬や成猫を迎える事は
もしかしたら仔犬を迎えるより良いかもしれないと
思わせるような文章。

確かに既に大人に成っている子を迎えるのは
将来どうなるのかわからない子犬と違って
もうわかっている事の方が多い。

でもね 大人に成っている子を迎える
大変さが どこにも書いてない。
そこが大事だと思うんですけど・・・。

それに大切なことは 広告の隅に
小さな字で載せてあり
見逃しかねない。

私は 大人に成っている子を迎える事に
反対している訳ではない。
保護された子が 殺処分されずに
一般家庭で幸せに成って欲しいとも思っています。

だからこそ 良い事もそうでない事も
ちゃんと理解した上でお迎えできる人に
譲渡して欲しいと思うのです。

一度捨てられた命が
二度と捨てられないように
終生 幸せに暮らせるように

ここに広告の文章を載せることは
いろいろ問題があるので
どんなことが書いてあるのか
載せられませんが
私の印象は 良い事だけを言っている
ショップさんと あまり変わらないのではないかと

それに加えて
譲渡された方のコメントが載っていましたが
良い事ばかりのコメントで
がっかりです。

ネットショップで口コミ情報がありますが
良い事ばかり載っていると
胡散臭い気がしますが
それと同じように感じてしまいます。

成犬や成猫を迎えるにあたって
絶対に苦労は あるはずです。
それがどこにも書いてない。

こんなはずではなかったと
感じてしまう人もいるはずです。

笑い話のような本当の話に
ショップから迎えた子が う〇こをして
う〇こするなんて聞いてないと
返品します!!って
ショップに連れてきた客がいたとか

そんな世の中なのだから
ましてや 譲渡となれば タダ?
タダで犬や猫が貰える
そんな風に考える人もいるはず

なんて考え始めたらキリがない。

殺処分される子を減らそうと言う努力はわかりますが
もっと広く考えて頂きたいものです。
忍者ブログ [PR]