忍者ブログ
マジョリカとヨーキーズのブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
わが家では ヨーキーズにちゃんとした名前があるにも拘らず
どんどん変化して 最初の名前が想像できなくなることも
多々あります。

中には 最初に名付けた名前を
すっかり忘れてしまっている子もいます。

先日 ちょっと思い出して
最初につけた名前で呼んでみたら
無反応でしたから(笑)

その名前の変化ですが
実は こんな感じに活用しています。

飼育本の中には 
名前を呼んで叱ってはいけない!
って書いてあるものがありますが
1頭のみなら それも可能ですけど
わが家のように 複数いる場合
全頭を叱ることになってしまいますから
しっかり名前を呼びます。

叱るときは 比較的最初につけた名前で呼ぶ事が多いです。

そして誉めちぎる時 遊ぶ時とか
犬にとって 嬉しい事 楽しい事の時は
変化した名前で呼びます。

ヨーキーは おバカさんではないので
変化した名前でも しっかりと認識できますから
いくつか変化しても大丈夫です。

但し 叱る時は低音で
褒める時は 高音で 思いっきり抑揚をつけて
これさえ しっかりしていれば
犬も迷う事などありません。

まあ一番は 犬との間に信頼関係が
出来ていることなんですけどね。

わが家の場合 叱るのは一回
褒めるのはたくさんと言う割合にしています。

と今日は真面目な話をしてしまいましたけれど
最後まで読んで下さってありがとうございます。

次回は 楽しいお話ができればいいなと思ってます。

例えばかまってちゃんが 何かやらかしてくれるとか・・・。



PR
仔犬をお迎えした時
まず トイレトレーニングをしますよね。
って その前にアイコンタクトかな?

仔犬の頃は真剣に一生懸命トレーニングして
ある程度経つと出来るようになりますね。

そこから時間が経って
すっかりおとなになった頃
トイレに排泄しても それができて当たり前
出来て当然って思ってしまっていませんか?

わが家の場合
13歳のおばあちゃんでも トイレができれば
『良い子だね~ちゃんとできて凄いね~』って褒めます。
10歳になる子は 未だに排泄すると
『ちゃんとしてきたよ~』って言ってるように
私に報告に来ます。

いくつになっても 褒められるって
犬は大好きなようです。

そしてわが家の場合
そんな大人の子達を見て おチビも覚えるんですよ。
私も出来たから褒めて褒めてって

トイレに限らず
どんな事でもできたら ちゃんとやったら
年齢に関わらず 褒める事って
大切なような気がします。

褒められるから 次もちゃんとやる。
ちゃんとやると褒められるという環境を作る事
うちに子たちには これからもそうして行こうと思ってます。


なぜなら 家の中に笑顔が増えるからです。

しつけって 以前も書いたんですけど
あまり好きな言葉ではないんですけど 世の中ではそう呼ぶらしいのであえて

仔犬を迎えて
いろんな本やネットなどで
しつけに関してたくさんの情報を得られると思います。
一生懸命イイ子に育てようと
ついつい陥りがちなあやまち

しつけることに夢中になっていて
周りが見えなくなってしまっている飼い主さんを見かけることがあります。

なんだか ちょっと可愛そうになってしまいます。
せっかく犬を迎えたのに
そんなに一生懸命で 楽しいのかしら?
仔犬でいる時期は 本当に本当に僅かです。
あっという間に大人になってしまいます。
犬は人間と違って その命は短い
だからこそ その時その時を楽しまなくては
損です!!!

短いからって言って 焦ることはありません。

起こらず 焦らず 諦めず
過度の期待をせず

何の色にも染まっていない子を
自分好みの色に染めましょう。
油絵だって 何ヶ月もかけて
重ね塗りをして一つの作品が出来上がる

少し離れたところから
その作品の出来具合を眺めるのも
時には必要です。

さて あなたはどんな色にしますか?
食事の度に
『おすわり』『待て』って 怖い顔で言われたら
食事の時間が楽しくなくなってしまいます。
おすわりも待ても
遊びの中で教えるのが良いかもしれません。
ある程度 できるようになってから
食事の前にも応用して

おすわりも待ても
いろんなことに応用できる大切なしつけですが
強要は逆効果

基本は楽しく
飼い主はこれ以上ないくらいの笑顔で
そして飼い主自身も
それを思いっきり楽しむことが大切です。

子犬は楽しいことが大好き
楽しいことは蜜の味がするらしいですからね。

食の細い子に
私が試した一つの方法に
ご飯の入った食器を持ったまま
『ごはん ごはん』って言いながら
追いかけっこをしました。
『こっち こっちだよ』
『捕まった』って
ご飯の食器を下に置いたとたん
むしゃむしゃと

その子は 今では
ご飯の支度を始めると
前足を軸に クルクル回って
楽しそうに待ってくれます。
最近では 新体操の選手?
なんてバカ飼い主になりそうなくらい
磨きが掛かって

その反対に 食に貪欲な子の場合は
ちゃんと待てをさせます。
その子のテンションを少し落ち着かせた頃
どうぞ!

その子その子によって
やりかたは様々
マニュアルなんて 我が家にはありません。
初めて犬との生活を始める飼い主さん

いろんなしつけの本を読んだり
ネットで調べたり
頭の中は もういっぱいいっぱいに
なってたりしません?

一生懸命 まじめな飼い主さん
それはそれでとても良いことだと思いますが
まずは肩の力を抜いて
深呼吸しましょう。
一生懸命まじめに 育てようとする
そこに落とし穴があります。

犬も神経質になってしまいます。

のびのびと元気に明るく
天真爛漫に育つように

犬との生活を楽しめるように

何事もほどほどに

ほどほどに

それがコツ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 4 5 6 7
8 10 11 12 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/25 seilan]
[08/25 seilan]
[08/25 seilan]
[03/06 seilan]
[02/21 seilan]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
マジョリカ
性別:
非公開
職業:
ヨーキーズの世話係?
趣味:
ヨーキーと戯れる
自己紹介:
ヨークシャーテリアが大好きなマジョリカのブログ
不定期ですが仔犬の出産情報もあります。
【動物取扱業】
CHERRY STONE犬舎 
第61-0049号
有効期限
平成34年3月19日
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]