忍者ブログ
マジョリカとヨーキーズのブログ
カテゴリー
◆ 未選択(80) ◆ ヨーキーズ(437) ◆ しつけ(24) ◆ 食事(10) ◆ 仔犬(120) ◆ ご案内(26) ◆ ヨークシャーテリア(45) ◆ 独り言(360) ◆ その他(35)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 6 7 8 10
11 12 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[08/25 seilan]
[08/25 seilan]
[08/25 seilan]
[03/06 seilan]
[02/21 seilan]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
マジョリカ
性別:
非公開
職業:
ヨーキーズの世話係?
趣味:
ヨーキーと戯れる
自己紹介:
ヨークシャーテリアが大好きなマジョリカのブログ
不定期ですが仔犬の出産情報もあります。
【動物取扱業】
CHERRY STONE犬舎 
第61-0049号
有効期限
平成34年3月19日
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
2014/03/11 (Tue)
私には 社会人の娘がいますが
今日は その娘とヨーキーずの話です。

普段は 仕事がありますので
朝から夜まで 家にはいないのですが
これが 仕事がお休みで出掛けない日
それは起きるのです。

娘の行動を四六時中観察し
その後ろにぴったりとついて廻るのです。
トイレも付き添い ドアの外で座って待ちます。
娘がほんの少しでも動くと うろうろし始めます。

娘が何もしていない事を確認すると
抱っこをおねだりするんですが
普段とお休みの日では違うのです。

普段は 後ろ2本足で立ち
前足で膝の当たりをカリカリしますが
お休みの日は 娘の前に後ろ向きで立ち
見返り美人のように 振り向き
娘をじっと見つめるんです。

娘が移動すると まるでストーカーのように 付きまとい離れないのです。

まあそれだけ 娘を愛して止まないのでしょうが これが人間だったら危ない人ですよね!?

ただ 仕事の日は 帰って来てから そのような行動をしないので 不思議なんですがね。

PR
2014/03/11 (Tue)
今日は 3.11
東日本大震災があってから
3年経ちました。

あの日 外出中で
アスファルトが波のように動いて
標識が ポールごと揺れて
ただ事ではないと
慌てて家に戻った事を覚えています。

留守番していたヨーキーずには
何事もなく 胸を撫で下ろしたのですが

東北が大惨事になっていて
わが家で生まれた子をお譲りした方のところも その被害を受けた地域である事が判明して 連絡がとれるまで 不安で仕方なかったのですが
御家族 皆様が御無事でありました。

私にとっても 忘れられない日になったのは言うまでもありません。

東北の方々の本当の復興の日が
早くやってきますように祈ってます。


2014/03/01 (Sat)
こんな記事を見つけました。

http://www.jkc.or.jp/modules/news/index.php?content_id=166

国内において
マダニに刺されて死亡した事例が出ている事は
皆さんご存知かと思います。

人間のみならず
その危険性は犬にもあります。


どうかお散歩の際は 草むらに入らないようにして下さいませ。
また マダニは跳べますので 草むらに入らずとも
その近くを通っただけでも 危険です。

その他 詳しい事に関しては
上記のサイトにありますので ご覧になって下さいませ。



2014/02/05 (Wed)
多頭飼いで良かった…
とブログに載せたら
こんな記事を見つけました。

http://nanapi.jp/113437/
ペットと暮らすと心も体も健康になる

確かに頑張ろうと言う気持ちに
させてくれたり、
落ち込んでいる気持ちを和らげてくれる事があります。

また散歩に出掛けると
運動になりますし
今まで知らなかった人とコミュニケーションができたりしますからね。

少し前の研究発表で
犬と暮らして アレルギーが治ったという事例がありますからね。

色々ありますが
わが家の場合は 犬を通して
家族間のコミュニケーションが増えましたね!!

そして 言葉を使わない犬の気持ちを
考えようとするようになりますから
それを応用して 人とのコミュニケーションに役立てる事が出来ると思います。

とここまで 良い事ばかり書きましたが
ペットと暮らすと 大変な事も事実です。

両面を理解した上で
ペット達と楽しい生活が出来たら
良いですね!?

2014/02/04 (Tue)
14才のおばあちゃんが亡くなって
何かにつけて 思い出し
悲しくて 寂しくて 辛くて
動かしていた手が 体が止まってしまいます。

そんな時 私を動かしてくれる子達の存在は本当に有り難いです。
今年12才になる子が キッチンにいる私のところに走ってきて
「向こうに来て~」と私とリビングを交互に見るので 行ってみると
トイレに固形物が…
「あらうん○したの?」と言うと
嬉しそうな顔をして ジャンプしている。誉めて欲しいらしいのです。

今までは 報告しにきたりしなかったのに どうしたんでしょ?

この子のみならず 他の子達まで
いつも以上に「ねぇねぇ」って私を呼ぶんです。

きっと
「私達がここにいるから」って言っているんでしょうね。

ペットロスになっている場合ではありませんね。私は今ここにいる子達のために頑張ろう♪
そんな風に思わせてもらいました。

今 一頭だけと言う方に
ペットロスにならないために
もう一頭お迎えする事を考えて頂きたいです。
私のように複数と言うのは大変なのでお薦めしません。

忍者ブログ [PR]