忍者ブログ

ヨーキー大好き

マジョリカとヨーキーズのブログ

HOME • Admin • Write • Comment
もうすぐクリスマスですね。
それが終われば 大晦日がやって来て
そして一年が終わってしまう。

なんだか一年が過ぎて行くのが早過ぎます。
あっという間に時間が過ぎて
もう12月も終わりそうです。

そんなわが家
年末の大掃除ではなく
年末の全頭トリミングしてました。

一頭一頭個性があるので
顔周りのカットはちょっとだけこだわります。
なので時間がかかるんです。

それも今日やっと終わりました。
いつもの年なら もう少し後にやっているはずなんですが
なんとこの暮れの忙しい時に
娘がお坊ちゃまを連れて泊まりに来るようで
大慌てでした。

そんな中 ネットでこんなニュースが目につきました。

13歳のヨークシャーテリア 13年間飼育放棄

http://japan.techinsight.jp/2017/12/ellis17181211.html

ヨーキーはお手入れしないと毛玉ができて
皮膚呼吸ができなくなったりします。
にも拘らず そのままでまるでモップ犬と呼ばれる
「プーリー」のようでした。

保護団体に保護されたのですが
悲しい最期が待ち受けていました。
こんな事があって良いものなのだろうかと
トリミングをしながら思っていました。

そして日本では
皆さん記憶に新しい
元税理士の猫虐待の事件
有罪判決にはなりましたが
執行猶予が付きましたね。

https://www.bengo4.com/c_1009/n_7095/

でも有罪判決になるだけ
まだ マシ

私には忘れられない事があります。
うちで生まれた子も また虐待の末
殺されてしまいました。

でもその時は 書類送検だけでした。
その時は どんなに愛していても
家族同然でも 殺されたのにその程度?
そう思ったものでした。

今日は動物愛護法の抜粋して載せておきます。

愛護動物を虐待したり捨てる(遺棄する)ことは犯罪です。違反すると、懲役や罰金に処せられます。

愛護動物をみだりに殺したり傷つけた者
→2年以下の懲役または200万円以下の罰金
愛護動物に対し、みだりにえさや水を与えずに衰弱させるなど虐待を行った者
→100万円以下の罰金
愛護動物を遺棄した者
→100万円以下の罰金



 動物虐待とは、動物を不必要に苦しめる行為のことをいい、正当な理由なく動物を殺したり傷つけたりする積極的な行為だけでなく、必要な世話を怠ったりケガや病気の治療をせずに放置したり、充分な餌や水を与えないなど、いわゆるネグレクトと呼ばれる行為も含まれます。


 なお、食用にしたり、治る見込みのない病気やけがで動物がひどく苦しんでいるときなど、正当な理由で動物を殺すことは虐待ではありませんが、その場合でもできる限り苦痛を与えない方法をとらなければなりません。


PR

この記事へのコメント

Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Comment
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧
Copyright ©  -- ヨーキー大好き --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]