忍者ブログ
マジョリカとヨーキーズのブログ
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/14 seilan]
[08/25 seilan]
[08/25 seilan]
[08/25 seilan]
[03/06 seilan]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
マジョリカ
性別:
非公開
職業:
ヨーキーズの世話係?
趣味:
ヨーキーと戯れる
自己紹介:
ヨークシャーテリアが大好きなマジョリカのブログ
不定期ですが仔犬の出産情報もあります。
【動物取扱業】
CHERRY STONE犬舎 
第61-0049号
有効期限
平成34年3月19日
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析

老犬の事

深夜の更新です。
ほんのちょっと愚痴と言うか
日頃から思っていることを少し
書いてみたいと思います。

繁殖をしていると
年齢的な事以外にもいろんな理由で
繁殖を引退する子が出てきます。

そして世の中には
そんな繁殖を引退した子を里子に出す方も
います。

確かに犬舎で世話をする頭数には
限りがあります。

がしかし だからと言って
繁殖者の為に 体を張って
出産して 子育てした親犬を
里子に出す。

どうなんでしょうか?

確かに 世話ができずに
ケージの中に入れっぱなしよりは
可愛がってくれる人のところで
余生を送った方が幸せなのかもしれません。

でも 繁殖者の責任
ないのでしょうか?

わが家は細々と繁殖をしていますが
どの子も わが家で余生を送ります。

出産をしない時も 出産に不向きだったとしても
歳を重ねて 出産できない場合でも
わが家で 最期まで責任をもって
お世話を致します。

それが使命だと思っているからです。

どんな理由を付けて里子に出したとしても
責任を逃れているように思います。

そんなわが家 現在老犬の館になりつつありますが
それはそれで良いと思っております。

老犬達は ペットとしての余生を楽しんでおります。
残りどれくらいなのかわかりませんが
どの子にも変わらぬ愛情をかけて
その時その時を大切に過ごしたいと思っております。

少しと言いつつ長くなってしまいました。
最後まで読んで頂きありがとうございます。
PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
[1173]  [1172]  [1171]  [1170]  [1169]  [1168]  [1167]  [1166]  [1165]  [1164]  [1163

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne