忍者ブログ
マジョリカとヨーキーズのブログ
[245]  [244]  [243]  [242]  [241]  [240]  [239]  [238]  [237]  [236]  [235
人間の医者でもそうだけれど
変なプライドをお持ちの方はそれ以上にならない。
今までに何件かお世話になったけれど
若くて経験も浅いのに
なんか自信満々で
それに加えて 御自分の間違いを認めない。
自分が正しいと言い張る。

どちらで教えて頂くのか
飼い主の前では凛として 威張ってなさいって
講義で言われるのかしら?

でも 間違っていたことを認め正す
これってとても大切なことなんだと思うけど
同じ過ちを繰り返さないためにも
どうしてそんな間違いを起こしたのか
どうすれば同じ過ちを繰り返さずに済むのか
今一度しっかり考えていただきたいものだ。

プロのブリーダーがどんなに知識があろうと
実際に医療行為を行えるのは獣医の有資格者のみ
知識 経験豊富なブリーダーを味方に付け
そこからも貪欲に学ぶ

そんな獣医さん
残念ながら私の近所には見当たらない。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
過去に獣医さんが教えてくれたのですけど。。。「獣医はブリーダーを嫌うのは何故だか解りますか?」と言われ、私はブリーダーでもなく検討もつかなかったのですけど、それは、犬を愛するが故、無理を言ってこられるからだそうです。病気に関してもある程度の知識を得ているからこそ厄介なんだと・・・・!?

確かに、獣医さんにもお休みの時には仕事のことを忘れたい時だってあっても可笑しくはないと思いますけど、知識を得ているから厄介だというのはおかしな話だと思います。。。

それって、適当に言っていることがあるってことなのかしら~?それが通用しないブリーダーを厄介だって思うの?って疑問に思ってしまいました。

そして、その獣医さんはとても正直なお方で、確かに正直さには信用が持てるかもしれませんけど、家の子には薬の分量が多すぎたようで処置を終えてから「私の顔が青ざめていた事が解りませんでしたか?死ぬところでしたが、なんとかそのための注射をして心拍数が元に戻りました」って言われてからはただの一度も行ってないです。
しかも家の犬を見て、この犬種は何ですか?と聞かれて開いた口が塞がらなかったです。
新米先生でもあるまいに・・・・本当に獣医選びは必要ですね。
Seilan 2007/07/21(Sat)02:29:12 編集
Seilanさんへ
『この犬種はなんですか?』ってちょっと笑ってしまいました。
Seilanさんが出会った獣医さんも面白いお方ですね。

大学を卒業して 動物病院に勤務して表向きは獣医さんなのかもしれませんけど いろんな経験をしてどれだけの事を吸収できるかによって その先が見えてくるような気がします。
本物と言える獣医さんに成長できるのは ほんの一握りなのかもしれませんね。

その昔は ちゃんとしたブリーダーが獣医さんを一人前に育てていた時期もあったらしいです。
机上の知識のみならず経験が物を言う世界だと思うんですけど 今に満足してしまっている獣医さんは残念ながら 獣医さんとは御呼びできません。
マジョリカ URL 2007/07/22(Sun)18:18:33 編集
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/14 seilan]
[08/25 seilan]
[08/25 seilan]
[08/25 seilan]
[03/06 seilan]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
マジョリカ
性別:
非公開
職業:
ヨーキーズの世話係?
趣味:
ヨーキーと戯れる
自己紹介:
ヨークシャーテリアが大好きなマジョリカのブログ
不定期ですが仔犬の出産情報もあります。
【動物取扱業】
CHERRY STONE犬舎 
第61-0049号
有効期限
平成34年3月19日
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]