忍者ブログ
マジョリカとヨーキーズのブログ
[450]  [449]  [448]  [447]  [446]  [445]  [444]  [443]  [442]  [441]  [440
犬との生活を始めようとする時は
きっと 今から起こるであろう楽しい事が
頭の中を占領するのかと思います。
確かに あんな事もこんな事もしたい。
ワクワクすることがたくさん溢れんばかりに
頭の中を占拠するのかと思います。

迎え入れて落ち着いた頃
ほんの少しでも構いませんから
最期の時について
その子が元気なうちに
家族の話題に載せて頂けたら嬉しいです。

元気なうちに話すことが大切だと
私は思います。

大切な愛犬の体調がおかしいと
病院で診察を受けて
下された診断
それが延命治療だった場合
皆さんはどうなされますか?

その時の状況により
いろんな選択肢があると思います。

入院をして治療を続ける。
通院しながら自宅介護をする。
そして究極の選択 安楽死

安楽死
重い言葉ですね。
愛犬家の方々から非難の言葉を浴びそうですが
その子の状況により この選択肢も
あって当然だと思っています。

どんな方法を選択しても
そのご家族の考えやその時の状況によって
様々だと思います。
がしかし 私は犬が一番願っていることは
一緒に生活してきた家族に見守られ
そして その家族の腕の中で
大好きな家族の匂いと温もりを感じながら
最期の時を迎えることだと思っています。
家族でこの話題に触れることがありましたら
優先順位の一つに
飼い主の腕の中と言うのを是非加えていただきたいと
思います。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こればっかりは何度経験しても慣れないですね。もぅ9年前になると思いますが、仔犬ちゃんを迎え入れ、その日から可愛い家族・・・数日後に下痢を起こし病院へ・・・下痢は血便に変わり、そしてまた病院へ・・・即入院となった訳ですが、翌日病院へ行くと、衰弱して立てない状態、だけど私を見ると手足をバタバタして動けないのに動こうとしているのです。それを見て涙・涙・涙・・・頑張れ~!!って思いながら翌日に病院から電話「亡くなった・・・」みとってあげれなかった想いやその子が私の声で反応していたことを思うと私の腕の中にいたかったんだろうなと・・・あの時のあの子を想うと涙が込み上げてしまいます。今も・・・・ナハハ~。
でも、人間でもそうだものね。病院でお亡くなりになられる方もいらっしゃいますし・・・
きっと望んでいる事は元気にいることだと思うので一杯泣いたらその後は笑顔でありたいですね。
Seilan 2007/12/07(Fri)01:08:07 編集
Re:Seilanさんへ
何度経験しても慣れるどころか 積み重なっているような感じでしょうか?
年齢を重ねる度に 涙もろくなるし気持ちの切り替えも下手になってきている私です。最期の時 その子その子によって違うと思いますが どんな別れになろうと哀しみの底にずっといるのではなく 笑顔になれるようにしたいですね。目の前にいたはずのその子が望んでいる事は飼い主さんの笑顔ですものね。今哀しみの底にいる人がいたら 一日も早くその事に気が付いて欲しいと
願わずにはいられません。安心して本当の眠りにつけるように
【2007/12/11 15:54】
<< 最期の時 2 HOME メール >>
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/14 seilan]
[08/25 seilan]
[08/25 seilan]
[08/25 seilan]
[03/06 seilan]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
マジョリカ
性別:
非公開
職業:
ヨーキーズの世話係?
趣味:
ヨーキーと戯れる
自己紹介:
ヨークシャーテリアが大好きなマジョリカのブログ
不定期ですが仔犬の出産情報もあります。
【動物取扱業】
CHERRY STONE犬舎 
第61-0049号
有効期限
平成34年3月19日
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]