忍者ブログ
マジョリカとヨーキーズのブログ
[522]  [521]  [520]  [519]  [518]  [517]  [516]  [515]  [514]  [513]  [512
ARTの世界では 目の錯覚を利用した
作品があるらしい。
ほんのちょっとテレビでやっていたんだけど
驚きーーーーーーーーー
と同時に夢がそこに存在しているって思った。
最近 現実の嫌な部分ばかりが目の前を横切る。

同じ大きさでも それを取り巻く環境が違えば
その大きさも違って見える。
散歩で出会ったレトリバーの飼い主さんに
言われた事を思い出した。
うちの子の散歩デビューの時
『いや~小さいわ こんなに小さくて動いてるなんて
 信じられないわ』って
ちょっとカツンときたんだけど
いつも 大きなレトリバーを見ているその人にとって
ヨーキーの子犬がそんな風に写ったのも仕方が無いこと
レトリバーの頭の大きさより 小さかったかも

私は普段 ヨーキーズを見て生活しているから
感じないのかもしれないけれど
大きさを判断する視覚
それって あやふやなのかもしれないと
目の錯覚
自分の生活の中での思い込み
それが 見たその物を捉えているのではなく
既にどこかで 普段目にしているものが
潜在意識の中にあって
勝手に決め込んでいるのかもしれない。

だとしたら それって面白い事
私の目を レトリバーで慣らしたら
うちの子達
全部 極小ちゃん
その反対に クロスケばっかり見て
私の目がクロスケサイズに慣れたら
物凄い大きい子ばっかりに
ちょっと実験してみたくなったりする。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
それって大いにありますよね~。超大型犬を見慣れない人(私も含めて)って見るとやっぱり「デカイ!!」って思ってしまいます。しかし、その犬を飼っている主からしたら標準より小さかったり、標準だったりするわけで・・・・その方に対して失礼なんだな~とも思います。その人の発した言葉はその方の感覚なんだろうな~って思うので私は素直に喜んでますよ~o(*^▽^*)oあはっ♪色合いで年寄りみたい~って言われる事もあるのですけど、そこはその人にはそう見えるんだ~って思いつつ・・・ナハハ~
Seilan 2008/01/31(Thu)16:59:02 編集
Re:無題
人それぞれ感覚に違いがある。確かにそうですね。
違いがあるからこそ楽しいこともあるんですけど 
その違いが大きな勘違いを呼ぶことも・・・時には
自分の感覚を見直す切っ掛けになれば良いのですけど
なかなか見直すところまでいかない。
それどころか 自分の感覚がすっかり身に着いてしまって
違う角度から見ることが出来なくなってる場合もありますね。
年齢と共にどんどん頭が固くなっていくので
普段から いろんな物の見方を意識していくことも
時には必要かなって思う今日この頃です。
【2008/02/04 12:07】
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/14 seilan]
[08/25 seilan]
[08/25 seilan]
[08/25 seilan]
[03/06 seilan]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
マジョリカ
性別:
非公開
職業:
ヨーキーズの世話係?
趣味:
ヨーキーと戯れる
自己紹介:
ヨークシャーテリアが大好きなマジョリカのブログ
不定期ですが仔犬の出産情報もあります。
【動物取扱業】
CHERRY STONE犬舎 
第61-0049号
有効期限
平成34年3月19日
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]