忍者ブログ

マジョリカとヨーキーズのブログ

食事

今現在 我が家には6種類のフードがあります。

老犬 中年と年齢の違い 太りやすい体質 その逆の体質 お腹が弱い子

育ち盛りの子と様々な理由から その食事の内容 量その全てが違います。

その日の便の様子 表情 運動量 体重といろんな観点からその日の食事を考えて決めるんですけど・・・・・。結構これが大変だったりします。まあストレスにならない程度の食の管理にはしていますが

ちまたでは 老犬になったらシニアというフードをと言うことになってますけど・・・・・・・我が家ではあえてシニアフードを与えていません。寒い冬を越すためには 老犬と言う年齢に達している子達にもそれなりの体力が必要です。その体力を維持するためにはシニアフードではどうかな?って思っています。

但し 太りやすい体質の子は別です。うちの子達に肥満になりそうな体質の子はいないので むしろ油断していると体重が落ちていくため シニアという分類のフードは使えないのが現状です。

少し前に 獣医さんが発行しているメルマガで 妙に共感したところがあります。老犬だからと言う理由だけでシニアと言うのではなく その子その子の体質に合わせたフード選びが必要だと 必要とあらばパピーフードを加える事も考えた方がよいと言う内容でした。私と同じ考え方の獣医さんもいたのね。とちょっと嬉しかったりして

老犬になると 体温調節がうまくいかず気が付いたら体重が落ち込んで 身体に触ったら背骨のみならず肋骨もしっかり解るくらいになってたなんてことがないように普段から愛犬の身体はチェックした方がよいかと思います。

私が見ている限り 7,8才頃からそういう兆候が出てくるようです。太り過ぎも健康を害しますが 痩せすぎもいけません。

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 管理人のみ閲覧
 
  • 無題
  • from: Majyorika
ブログ開設していること今気づきました(^∀ ^;) ナハハ~。食事~我家でも成犬でも、その子の状態を見てパピーフード与えたりしています^0^運動量の多い子はフードを多めに与えたり。。。しかし、私は大目に上げすぎる傾向があります(;^ω^;A アセアセ 太った子を痩せらすことは簡単でしょうが、食の細い子でお痩せさんをどうやって標準にしようかと・・・これって結構難しいですね。でも、人間でも体質があるのと同じ様に、犬にもあるのかもぉ~と思いつつ努力はやはりしてしまいます。今は白米も混ぜて与えている状態~^m^生肉は喜ぶのですが、直ぐにお腹壊しちゃううのよね~。火を通すとこれが大丈夫なんですよ~。肉って、着色されているからそれがよくないのかも知れません。言い切れませんが(^∀ ^;)
  • どなたでしょう?
  • from: マジョリカ
コメントありがとうございます。お名前が私のHNになってしまっていますが どなたのコメントでしょうか?また来ていただけることがありましたらお名前入力してくださいね。

生食に関してはいろんな考え方があって またその子その子にあわせた方法で宜しいのではないでしょうか。ただうちの場合は人間が生で食べても大丈夫と言うお肉しかあげませんので 下痢をした経験はないんですよ。離乳時期もフードより生肉を先に食べるので 生食には慣れているのかもしれませんが
  • 無題
  • from: Seilan
あらら~。ごめんなさい m(_ _)m そのままコメントだけ入力しちゃったみたいです(;^ω^;A アセアセ勿論、家でも人間が生で食べれる分だと思います。でも、私は生は食べないので・・・(^^;なので生で与える時はほんの少量なのです。2×4cmの薄いお肉を1枚程度です。。プロの方に預けた時も、この子、生肉与えて下痢しちゃったって言ってました。一体なんなのだろうか?・・・環境も関係してくるのかも知れませんね。
  • 無題
  • from: マジョリカ
やっぱりseilanさんでしたか~
文章の感じが似てるなぁって思ったんですけどね。

生肉が合わないのでしょうね。
それでは加熱処理するしか方法はありませんものね。
うちの子達はフードが合わないってことはありましたけど 生肉が合わないってことがなかったので普通に与えています。買ってきたお肉を一度酢にくぐらせて冷凍処理してから与えても下痢するかしら?
お肉が合わないのであれば 何をしてもだめかしらね。まあ必ずお肉を食べなければイケないと言うことではないので 何事も無理せず自然にその子に合った方法であげましょう。
Copyright ©  -- ヨーキー大好き --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]