忍者ブログ
マジョリカとヨーキーズのブログ
[825]  [824]  [823]  [822]  [821]  [820]  [819]  [818]  [817]  [816]  [815
それは先週の土曜日の事
さてそろそろ晩ご飯を作ろうかと思っていた矢先
電話のベルが鳴り
受話器を取ると 聞きなれた声
弟からの電話でした。

第一声が
『訃報です』

何をふざけてるんだろうと 真剣に聞かずにいたら
受話器の向こうで 良い年の大人が泣きだしたのです。

これは大変だと 一生懸命聞いていると
『●●が死んだ』

何言ってるんだろう このおじさんって思ったのですが
嘘などではなく 本当の話

弟のところには
わが家で生まれた子が一頭いて
まだ4歳のはず
何が起きたのか 頭は真っ白になってました。

弟の説明によると
1週間出張で 家を留守にしていたのだと
そこへ 一緒に暮らしている彼女からの電話で
朝起きてきたら固くなっていたと連絡があったのだと言う。
それが 私に電話する二日前の事で
出張で出掛ける時は その子は元気だったのだという。

ならば 何故死に至ったのだろうと

彼女は普段から気が短く
どうやら 手をあげていたらしい
弟は 彼女が何かしたのではないかと疑っているようである。
それを証拠に
『俺が出張から帰るまで そのままにしておくように』と彼女に伝えたらしい。

そして 家に帰ると その彼女は姿を消していたらしいのです。
自分にやましい事がなければ 胸を張ってその場にいられるはず
きっと何か心当たりがあるのであろう。
しかし 彼女がその子に何か死に至らしめるような事をしたと言う証拠がない。
彼女を一方的に攻める訳にはいかない。



弟が一人暮らしをしていて 寂しくて犬を飼いたいと
3年くらい前にわが家にやってきました。
その時 1歳だった男の子が何の迷いもなく
弟の膝に乗り まったりしていたので
弟も気に入って 連れて帰ったのです。
それから 仕事に行くにも ちょっとそこまで行くにも
連れ歩いたようです。
犬が嫌いな方ではなく むしろ大好きなので
溺愛してしまっていました。

その弟が 犬を同じように可愛がっている彼女と知り合い
一緒に暮らすようになったらしいのですが
どうやら 話を聞くと 彼女の犬は弟に懐いてくれたらしいのですが
弟の犬は 彼女には心を許さなかったようです。

最初は頑張っていたようですが
徐々に 彼女からその気持ちが無くなっていき
手をあげるようになったようです。

彼女とは何度か会っていますが
明るくて優しそうな印象でした。
まさか あの子がそのような事をする人には見えなかったのです。
いえ まさかこんな間近で起きるなど 想像もしていませんでした。

今回のこのことで もっと早く相談して欲しかったと
いえ いつでも相談できる環境を作っておくべきだったと
強く思いました。
そして 誰にでも彼女の様になる可能性がないとは言えないと
私も そうしていたかもしれない。
そう思ったら 胸が締め付けられる思いでいっぱいになりました。

私はこれからどうしたらいいのでしょう?

あれから日々 その事ばかり思ってしまいます。

どなたか お知恵を授けて下さいませ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
経験あります
私が20数年前に飼っていた大切なヨーキーあの子は、私の元旦那さんに頭を叩かれ即死しました。私の真横での出来事です。
あの子は私だけに懐いて、旦那を避けるようになってて、旦那はそんな子が可愛くないと言う風でいました。犬好き…本当の犬好きは例え自分を避ける様であったとしても嫌いにはならないと思います。だって私の息子は毎日避けられても可愛がっていますもん。
避けている姿も笑いながら見ていますもの。私の父でもそうで、母にべったりのメイ、父が呼んでも来ないのに毎日父はメイに飽きもせず声かけてますもん。
まぁこんなことはさておき…
手をかけてしまった側もやはり心に傷を負っています。Renomを元旦那に逢う機会が合って見せたのですが、目はニコニコでしたが、犬を見ることが出来ないあの人を見てハッと思いました。どんなに月日が流れても罪悪感から逃れられないでいるんでしょうね。
責めた事は一度もありませんが毎日悲しんでいる私を見るのも彼にとっては辛い事だったに違いありません。 私はヨーキーを飼ったことに後悔しましたょ。あの子を幸せどころか1歳と言う短い命だったことと旦那に嫌われながらの生活…
だけど、きっと今はあの子もあの世で笑っていると思います。
私があの世に逝ったらまずあの子に謝ろうと思っています。
この時のショックが私には大きすぎてRenomを飼うまでに16年と言うかなりの時間が掛かってしまいました^^;
こんなことがあったから私のヨーキーへの溺愛。。。止められません。
今の子達に出逢えたのはあの子のお陰❤ あの子に感謝もしています。
なんの答えにもなっていなくてすみません。やはりそこにはそれなりの時間が必要だと思います。
きっとねマジョリカさまの弟さんの飼っていた子は幸せだったと思いますよ。だって弟さんからちゃんと愛されていたんだもん^^
ご冥福をお祈り致します。
seilan 2012/11/22(Thu)18:45:26 編集
Re:seilanさんへ
そうでしたね。以前にお話を聞いて覚えていますよ。
また辛いことを思い出させてしまってごめんなさい。
ヨーキーというのは 対象を一人にしてしまう傾向があるのでしょうかね。
他に家族がいても なびくことなく その人に一途になってしまう。
もちろん そうではない子もたくさんいます。
うちの子達を見る限りでも 誰にでも愛想を振りまく子もいますし
その人以外言うことを聞かないという子もいます。
でも 人間の勝手な気持ちから不幸な事になってしまうのが
本当に辛くてなりません。

弟は亡くしてしまった寂しさで
ヨーキーが欲しいと言っていますが
私は今 譲る気持ちが起きません。
許せないというより 信じる事が出来ないというのが正直な気持ちでしょうか
でも 弟の気持ちも良くわかるので 私の中で揺れ動いています。
【2012/11/22 20:38】
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/14 seilan]
[08/25 seilan]
[08/25 seilan]
[08/25 seilan]
[03/06 seilan]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
マジョリカ
性別:
非公開
職業:
ヨーキーズの世話係?
趣味:
ヨーキーと戯れる
自己紹介:
ヨークシャーテリアが大好きなマジョリカのブログ
不定期ですが仔犬の出産情報もあります。
【動物取扱業】
CHERRY STONE犬舎 
第61-0049号
有効期限
平成34年3月19日
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]