忍者ブログ
マジョリカとヨーキーズのブログ
[925]  [924]  [923]  [922]  [921]  [920]  [919]  [918]  [917]  [916]  [915

わが家は多頭飼いなので いろんなキャラクターの子がいますが
その中で 特別チャンの話です。

特別チャン
もちろん あだ名ですが
私達家族が その子を特別扱いするのではなく
特別が大好物な子なんです。

私だけ~って言うのが 物凄く好きで
その割に 子犬の頃から
私達家族からも 他のヨーキーズからも
怒られた事がない 不思議なキャラクター

何をしても許されてしまう 許されキャラなんですよね。
生まれながらに持っている何かがあるんでしょうね。

そんな子に大事件が起こりました。

わが家には 元気印をそのままいってるかまってちゃんがいますが
何が原因なのかわからないのですが 突然テリアの血に火がつきました。

かまってちゃんが特別チャンに 襲いかかったのです。
予測もしていなかった出来事に 未然に防ぐ事ができず
慌てて 引き離し それぞれを抱き上げました。

かまってちゃんは その後ケロリとしていたんですが
問題は特別チャン
しばらく 呆然としていておかしな状態でした。

かなり長い事抱いていて 落ち着いたようなので下ろすと
なんだか歩き方が変で 良く見て見ると
後ろ脚の片方をあげて歩いていました。
あげている足を触ると 痛そうに鳴きます。

これは大変と 翌日慌てて動物病院へ行きました。
触診をしてもレントゲンをしても異常が認められず
獣医さんの触診に対して 痛がる素振りも見せず
とりあえず 痛み止めで様子を見ましょうと言う事になりました。

1週間 様子を見ていると
不思議な事に 普通に歩ける事もあり
気が付くと 3本足で歩いていたりしていましたので
これは 大したことではないだろうと判断ができましたので
最初は 安静にと言われましたが 普通にしておりました。

痛み止めが無くなったので 再診に行きました。
その時の獣医さんとの話で
今回 かまってちゃんに突然襲われた事で
かなりのショックを受けてしまったのが原因ではないかと
今まで 診察した子にもそう言う子がいたそうです。

待合室では 普通に歩いているのに
診察台に乗ったとたんに かなり痛そうな素振りを見せる子
飼い主の気を引きたくて 演技をし続ける子もいるそうですよ。
犬にも いろんな感情があるのです。

そんな話をして 帰宅すると
特別チャンは なぜか一度も片足をあげることなく
普通に歩けるようになっていました。

心に受けた衝撃が 体の痛みとなって現れたようです。

歩けなくなった時は もしかして手術?
最悪の状態も頭に浮かんだのですが
それは免れてほっとしています。

がしかし メンタル面のフォローは
骨折の様な怪我をするより難しいです。
もちろん 特別チャンのメンタルは これから先もフォローしていくつもりですが
他の子達との区別をするつもりはありません。

ただ 同じ事が二度と起きないように 細心の注意を払う努力をします。

今回の事で 教訓になった事があります。
怒らない 叱らない 褒めるしつけ
そこには 問題があるということ

確かに 褒めるしつけは 犬にとって優しいしつけになります。
がしかし 小さいうちから いろんな経験をする事の方が
重要な気がします。
心も体も強い子を育てたいですよね。


今日も長い文章になりました事 深くお詫びいたします。
最後まで読んで下さってありがとうございます。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
メンタル面
なにかの記事で読んだことがあるのですが、犬にもうつ病があるらしく、人間よりなりやすいとか載っていた様に思います。
特別ちゃんは、初めての経験でショックが大きかったのでしょうかね?家にはいないのですが、犬同士の喧嘩から、他の犬たちと交われなくなり、常に負け犬の様な状態になる子なども居る様です。
我家の怒られない子は、私が久しぶりに昨日全頭にキレて怒鳴ったのですが、あの子と来たら、飛びついて喜んでいるw@0@w
他の子達は、あまりにもの私の怒りに、恐れ居ていると言うのに…
尾を振って笑顔で「遊んでー!!ねー、ねー」とピョンピョン飛びついてくる始末。
お陰で私の怒りは治まりましたとさ 笑

頭数いると同じように育てていても本当にそれぞれだと気付かされますね。人間と同じですね。
褒めることで、いい子になる子や、きっちりと叱って効きわけのいい子になる子や本当にそれぞれだと教えられました。これからもずっと学び続けの私です。

特別ちゃんの今後が気になりますね。怪我してなくて良かったですね。ひょっとしたらじん帯がやられていたのかも?
SEILAN 2014/06/05(Thu)05:08:36 編集
Re:メンタル面
特別ちゃんは その後普通に歩いているので大丈夫みたいです。
ただ 他の子達との関わりは これから気を付けないといけないですね。
靭帯は切れてはいないようでしたが しばらくは様子を見ますね。

人間の子供もそうですが それぞれに違うので
接し方そのものを考えないといけないかもですね。
褒められる事で 良くなっていく子
叱られる事で 理解してくれる子
褒めても叱っても 変化のない子
今までもそうですが これからも日々勉強ですね。

まだまだ頑張らなくてはいけないことを痛感した事件でした。
【2014/06/07 10:29】
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/14 seilan]
[08/25 seilan]
[08/25 seilan]
[08/25 seilan]
[03/06 seilan]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
マジョリカ
性別:
非公開
職業:
ヨーキーズの世話係?
趣味:
ヨーキーと戯れる
自己紹介:
ヨークシャーテリアが大好きなマジョリカのブログ
不定期ですが仔犬の出産情報もあります。
【動物取扱業】
CHERRY STONE犬舎 
第61-0049号
有効期限
平成34年3月19日
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]